simplicityで”関連記事”がない場合のアドセンス規約違反の回避策

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このサイトのテーマはSEOに良いと評判の「simplicity」を使うことにしたが、そのついでに既存のアウトドア系のウェブサイトのテーマも従来の「twentytwelve」から「simplicity」に変更することにした。

アウトドア系のサイトは私がサイト作りを始めて最初に作ったサイトで「twentytwelve」もワードプレスを始めて最初に使用したテーマだったので愛着がないわけではなかったが、SEO的にあまり良くなさそうだったので、この機会に変更することにしたのである。

「simplicity」はネット上でも評判なテーマだけあって使い勝手は非常に良いのだが、1点だけ不満があった。

それは関連記事がない場合に「投稿本文下」のアドセンスのすぐ下に「サイドバーの一番上」のアドセンスが表示されてしまう点だ。

simplicityでは”関連記事”がない場合にアドセンス広告が2つ連続して表示されてしまう

前述の私のアウトドア系のサイトでは「サイドバーの一番上」と、「投稿本文中(最初のh2タグの直前)」、「投稿本文下」にそれぞれアドセンスを張っている。

この張り方だとPCでは問題ないのだが、スマホなどのモバイル表示になるとサイドバーで表示されている部分が「投稿本文」のすぐ下に回り込んで表示されてしまうことになる。

そうなると、「投稿本文下」に表示させたアドセンスのすぐ下に「サイドバーの一番上」に表示させたアドセンスが表示されてしまい、アドセンスの規約違反となってしまう。

アドセンスではスマホの同一画面に2つ以上のアドセンス広告を表示させることを禁じているからだ。

https://support.google.com/adsense/answer/1346295#Ad_limit_per_page

もっとも、通常は投稿記事の下にその投稿に関連する「関連記事」がいくつか表示されるため、「投稿本文下」のアドセンス広告の下に「関連記事」が縦並びで表示されてその下に「サイドバーの一番上」に表示されているアドセンス広告が表示されることになるから、「関連記事」がある限りアドセンス広告が2つ連続して表示されることはない。

問題なのは「関連記事」がない場合である。

「simplicity」の関連記事は「同一カテゴリー」に含まれる投稿が表示されるようになっているから、同一カテゴリーに属する記事が存在しない場合は「関連記事」のところに

「記事は見つかりませんでした。」

という文章が1行表示されるにすぎない。

そうなると、その1文のすぐ下に「サイドバーの一番上」に表示されているアドセンス広告が表示されることになってしまうのである。

そうなると、「投稿本文下」のアドセンス広告と「サイドバーの一番上」に表示されているアドセンス広告の間の間隔が狭まってしまい、2つの広告が同一画面に表示されてしまうというアドセンスの規約違反が発生してしまうのだ。

この不都合をどうにかならないものかと1週間ほど考えて見たところ、簡単な解決策を発見した。

それは、「投稿関連記事下」のウィジェットに「新着記事」を表示させるようにする方法である。

「投稿関連記事下」のウィジェットに「新着記事」を表示させる

「新着記事」が「投稿関連記事下」表示されるようにしておけば、仮に「関連記事」がなかったとしても「投稿本文下」のアドセンス広告の下に「新着記事」がいくつか表示されるようになるから、「投稿本文下」のアドセンス広告のすぐ下に「サイドバーの一番上」のアドセンス広告が表示されるということもなくなるわけである。

ちなみに、この「新着記事」のウィジェットで表示させられる新着記事の個数は任意に変えられるから、5個程度表示させるようにしておけば記事5個分の行数が「投稿本文下」のアドセンス広告の下に挿入されることになるため、仮に「関連記事」がなかった場合でもアドセンス広告が2つ以上スマホの同一画面に表示されることはなくなるだろうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする